新着情報

News

新着情報

News

February

11

Monday

2019

  • news
  • event
  • Information
  • restaurant

LIVE AT LEWERS PRESENTS 世界的トランペッター、エディ・ヘンダーソン

2019年の最初のライブは、
3月15日(金)、16日(土)世界的トランペット奏者、エディ・ヘンダーソンが
ピアニストのトミー・ジェームス、ドラマーのノエル・オキモト、ベーシストのディーン・タバと共演。
エディ・ヘンダーソンが尊敬するジャスドラマーART BLAKEY (アート・ブレイキー)に捧げるライブです。

日程:3月15日、16日 
時間:午後7時と9時の2回

チケット料金は、VIP席(最前列)$65、一般席$55(税金、駐車料金込)。
*お食事やドリンクの注文は、公演開始前まで追加料金となります。

ご予約や詳細は、ハレクラニ ダイニングリザベーション (808) 923-2311までお問い合わせください。

エディ・ヘンダーソンについて

実力、キャリアともに世界最高峰のトランペッター。
1940年10月26日ニューヨーク生まれ。 コットンクラブのダンサーである母親と歌手である父親を両親に持ち、
子供の頃からミュージシャン達に囲まれて育つ。
9才の時にトランペットをはじめ、最初の先生はルイ・アームストロング。
その後、14歳の時に家族でサンフランシスコに移住。
高校時代はフィギアスケートで全米選手権に出場。当時、初めての黒人のフィギアスケート選手として注目を集めた。
大学では動物学や精神科医学を専攻し医師になり、サンフランシスコで医者として働く傍ら、音楽活動も続ける。
70年代はハービー・ハンコックのバンドに所属し腕を磨き、その後ファラオ・サンダース、アート・ブレイキー、
エルビス・ジョーンズ、ジョニー・グリフィン、スライド・ハンプトン、マッコイ・タイナー、ベニー・ゴルソン、
マックス・ローチ、ジャッキー・マックリーン、ロイ・へインズ、ジョーヘンダーソンと共演。

現在は、自己のバンドや他のアーティストの録音にも多忙にゲスト出演し、コンスタントにアルバムを発表しながら、
2007年よりニューヨークのジュリアード音楽学院、2014年よりオベリン大学で教壇に立ち、若手の育成に力を発揮している。
アルバムは、カプリコーンレコード、ブルーノートレコード、キャピタルレコード、コロンビアレコード、
スティープルチェイスレコード、シロッコレコード、マイルス・デイヴィス・カインド・オブ・ブルー・アルバム、
ファーザーモア・レコーディングス、スモークセッションズ・レコードなどから発表。

Close